メイク 化粧水

メイクと化粧水

メイクの前にはまずスキンケアが大事になりますが、その中でも化粧水は最も重要であると言っても過言ではありません。

 

肌の水分が不足しているとメイクをしても崩れたり、放置しているとシワが出来る原因にもなります。洗顔をした後は肌から油分が取れていますので肌は乾燥した状態になっていると思われます。

 

メイク前にはたっぶりの化粧水を使用して水分補給を行った上でメイクをしなければなりません。

 

化粧水を使う時に気をつける事として手に化粧水を直接付けている人もいらっしゃると思いますが、それでは手から化粧水が吸収されていまいますので肌全体に付けたい時は、コットンを利用すると良いと思います。

 

コットンに化粧水を付けてから顔全体をバッティングしていき、特に目の下や眼尻のところ、また口元の端というのは普段からよく動かす場所ですのでメイクの崩れに繋がりやすいので、この部分の水分補給はしっかりと時間をかけて行うと良いでしょう。

 

次にTゾーンと呼ばれている皮脂の分泌が多い部分には、コットンの反対側を使ってメイクが崩れないように指先で皮膚を拭き取るようにいていくのが大切なポイントとなります。

 

コットンでしっかり水分補給をした後は、手のひらで包み込むように潤いを閉じ込めるように出来ればさらに良いでしょう。

 

メイク前に化粧水を肌に染み込ませておく事によりその後のメイクののりが違ってきますし、時間が経っても崩れにくい肌に変わります。

 

メイクをしても昼に崩れてしまっては意味がありませんのできちんとした化粧水の使い方を身につけましょう。