メイク チーク

メイクのチーク

普段のメイクの時に入れるチークの場所は
頬にある骨にそって入れるのが基本
そうする事によりナチュラルなお肌に仕上がるのです。

 

目元に近くこめかみの下にある頬骨は笑った時には
口もとをあげるのと同じようにその筋肉も上がります。

 

筋肉の盛り上がっているところにそって
その部分の高くなっている場所に入れる事で
落ち着いた見映えのチークに見えます。

 

顔の形というのは人により違いますので
自分の顔にあったお手入れの仕方をマスターして
チークをきちんと使用する事が大切です。

 

顔のふいんきや見た目の印象はメイクで
様々な印象に変える事が出来ます。

 

まずは自分の顔色や形に合うチークを選び使用法などを
身につける事が大切になります。

 

メイクの時に普段に比べてチークを入れるところが低くなった時は、
顔が疲れたように周りから見える事も考えられますので
そうならないように心掛けましょう。

 

チークを入れる時の注意点としてはまずブラシに
パウダーを付けて顔色に合わせる事です。

 

鉛筆を持つかんじでブラシを持ちブラシをお肌に対して
平行に動かしてまず小鼻のところから始め
次にほほ骨の線にチークを沿うようにしていきます。

 

その時多量に乗せたりゆっくりとするのではなく
早めにのせる事が重要です。

 

一番高い場所にある頬骨のところには他の部分よりも
濃い色の物を使う事で全体的に立体感を出す事が出来ます。

 

そして最後に指先でぼかしを入れればさらに綺麗に仕上がります。

 

このぼかしをする事で周りの人よりも
目立つ人もいますので忘れないようにしましょう。