メイク 乳液 クリーム

メイクと乳液・クリームの重要性について

お出かけ前にメイクをおこなう場合に乳液やクリームを先に付けてからという人もたくさんいると思われます。

 

乳液を手やコットンになじませてそれを顔全体にまんべんなくなく塗っていきますが特に乾燥しやすいと思われている目のまわりや頬、口のまわりなどはしっかりと乳液を付ける事が大切です。

 

クリームに比べ乳液はサラッとしていますが部分的に乾燥が特に気になるところには乳液よりも保湿力が優れているクリームがより効果があるでしょう。

 

さらにメイク前に時間の余裕かまある時には特に乾燥しがちな目の下の部分、またほうれい線などの気になる部分にはタップリと乳液を付けて5分くらいそのままの状態にします。

 

その後時間を確認したら手で優しく肌にしみこませるようにパッティングする事により馴染みやすくなるばかりか浸透力が改善されるのです。

 

まずはメイクをおこなう前にきちんとした保湿の為にも乳液やクリームを塗る事で失っていた肌のハリが戻り、同時にメイクのノリも見違えるように変わります。

 

しかしここで注意しなければいけない事はクリームを付け過ぎる事によって逆に油分が出てしまう事です。

 

油分が出る事で皮脂が分泌されてしまう事で顔の表面にたくさん付着する事によってせっかくの化粧が崩れる結果にもなりかねないのでもしそのような状態になった時はティッシュなどで軽く拭き取ってからメイクをおこなう事が大切になります。

 

きちんとしたメイクを少しでも長く持たせて化粧の崩れを無くしたい、また嫌な乾燥から肌を守りたいと思われる人は乳液やクリームの使用法などを頭に入れて特に乾燥しやすいところなどを重点的に普段からケアしていく事が肌のトラブルを防ぐ大事な要素になります。