メイク 下地クリーム

メイク前の下地クリームは必ず塗りましょう

基本的にメイクをおこなう前にはまず下地クリームから塗る人が多いと思われますが、その意味は毛穴を隠したり目には見えない肌のトラブルともいえる凹凸などを元の状態に戻す役割があるのです。

 

メイク前に化粧水や乳液などを使用して簡単なスキンケアを行い、すぐにファンデーションを付けると毛穴やの肌の凹凸によりせっかくのファンデーションの付きが悪くなりムラの原因にもなります。

 

したがってファンデーションよりも先にまずは下地クリームで肌を落ち着かせてからメイクを始めます。

 

少量の下地クリームを手のひらに取り体温で温める事で肌に付けた時になじみやすくなる他に顔全体にまんべんなく伸びます。

 

肌に直接乗せて塗ると鏡だけでは肌は均等に見えませんので力を入れる事のないように手のひらで肌の内側から円を描くように外側にむかって優しく塗りこませる事が大事です。

 

またメイク前にはまず顔全体にいきわたるように下地クリームを塗っていき首なども塗り忘れないように注意して下さい。

 

最初に付けた顔からのクリームを伸ばすのはやめて新しくクリームを手に取り首に付けて下さい。

 

このようにしてベースとなるクリームをメイクをおこなう前に塗り込む事でその後のファンデーションアイメーク、さらにチークなどをその上から重ねて付けていく時にベースがきちんとしている事で後から付けた物もスムーズに塗れて崩れをなくすという事に繋がります。

 

これによりメイクをする前の基本となるベースの下地クリームの誤った使い方をしていたり時間をかけずに中途半端になったり酷い時には塗らないという事になるとせっかくのメイクも崩れる原因になるだくではなく後からやっても上手く重なる事がないので十分に気をつけたいところです。

 

【ニッピコラーゲン化粧品】4050円相当が、今なら1260円!